スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交換物語:PAGE2

手のひらに乗った卵がなんと・・・・

ドクンッと脈をうったのだ!それは手のひらに伝わり、

腕を通り自分の心臓の鼓動とリンクした。

ドクン・・・ドクン・・・

瞬間・・産まれる・・・!!大吾はそう感じた。

ひよこ・・・??・・・・ではない何か別の生き物・・・。

根拠はない。

だが確かにそう感じたのだった。

「うわあああっ!!」

気がつくと卵を放り投げていた。



卵は宙を舞い床へと落ちていく。

頭の中では先にグシャリと殻が割れ中身が飛び出す映像が浮かんでいる。

割れる・・・!!そう思った時、

ボヨオオオオオオンと跳ねあがる。

それはスーパーボールのように台所を跳ね回る。

ガシャンッ!ゴゴン!!バン!!!バコオオオン!!!!

「なんだよおおこれえええ!!!」

天井や壁、食器やテーブルを引っ掻き回しぶちまけながら床へ転がり静かに止まった。

それからしばらく、動かない卵を見つめていた。



何時間見つめていたのだろう、テーブルの上にこぼれた醤油が

床に垂れ落ちる音で我に還った。

時計を見ると実際数分も進んでいないことがわかった。

ピチャッ・・・ピチャッ・・・醤油は卵にあたり跳ね返っている。

その時、ピシッ・・・・と卵に亀裂が走った!

と、同時にもの凄い耳鳴りに襲われ台所の窓ガラスが全て吹き飛んだ。

ガシャアアアアン!!!!

耳をおさえ目をつぶりしゃがみ込んでしまう。


「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」


イイイイイイイイイイイイイ・・・・・耳鳴りが

徐々に引っ込んで行く。

お頭の中に広がる映像にはぐちゃぐちゃになった台所・・・・

こんな所お母さんに見つかったら僕が怒られる。

そう思うとなんだか無性に腹がたち叫んでいた。

「馬鹿やろう!!なんなんだよ!!!こ・・・・・れ・・・?」

目を開け見渡した台所は、帰って来た時のまんまのいつもの台所だった。

窓ガラスも壁も壊れていない・・・。

「え?・・・え??夢?」

さっきまでのは夢だったのか・・・・?



しかし、夢ではなかったのだと確信したその光景は

床に転がったひび割れた卵と、それに垂れ落ちる醤油だった。

背筋にゾッと悪寒が走った。

ドクン・・ドクン・鼓動が早くなる。

ベリッ・・・ゆっくりと卵の殻がめくれて行く。

ベリッ・・ペリッ・・・

10円玉程の穴が開きそこでとまった。

その穴の奥で何かが動くのが見えた・・・。

ゴクン・・・唾を飲み込む音が耳に響く。

恐る恐る穴に近づき中を覗いてみる・・・・・。

「ひっ・・・・・!」

その瞬間何かと目が合い大吾は気絶した。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おら、ピンチなんだ・・・
みんな、おらにポイントをわけてくれ!!! アヒルちゃんのバナーをクリックすると このブログのランキングがあがるんだ!! ナッパッ避けろおおおお!!!

FC2Blog Ranking

プロフィール

team gravy

Author:team gravy
イラストレーター・kuroichiと作家・umibonzeのコラボブログです。


イラストお仕事お受けしております。
お見積もり無料です。
ご依頼は、gravy.961@gmail.com




只今、共同小説交換物語『tamagon』連載中





※無断転載無断画像使用禁止

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
U2 (1)
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。