スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくあるはなし =Usual Stories= file02

西暦20XX年4月30日。

日本国首相、大泉純太郎は人類の運命を一身に
背負っていた。


日をさかのぼること、ほぼ一ヶ月前、大泉首相は誘拐
された。この事実を知っているのは、誘拐された本人のみ
であった。というのも、宇宙人に誘拐されたからである。
そして、ある重要な任務を言い渡された。彼らが言うには、
その任務をまっとうできなければ、人類を滅ぼすとのことであった。


鷹派で通っている大泉首相は当然ながら、各界からの風当たりも
強かった。マスコミなどもスキャンダルのネタはないかと躍起になって
探していたくらいであった。また、先日打ち出した「憲法9条改正案」
の影響でさらに風当たりは風速をましていた。

そんな中で「宇宙人に誘拐されました」などとは絶対に言えなかった。
政治家は発言が命である。

大泉首相は苦悩していた。それは任務の内容が今でも信じられないからで
あった。

「4月30日12時30分に新宿アルタ前でこれを踊れ」

宇宙人が渡してきたDVDにはご丁寧にもCG合成(?)でつくられた
大泉首相本人が出演していた。そして、ナチスの制服っぽい
ボンデージファッションで腰をくねくねと動かしながら
ストリップをしていたのである・・・・・。

そして極めつけは、ラストであった。

「弱者はみんな死ね!!強くて美しいものだけ生きろ!!ファッ○ユー」

そう言いながら、画面のなかの大泉首相のモノはギンギンに
勃起していた。


これはまずい。ほんとうにまずい。自分の政治家としての人生だけでなく、
社会人としての人生も危うい。しかし・・・。


大泉首相は物心ついたころから、いつか自分は世界を救う人間になると
固く信じて生きてきた。育った家庭が祖父の代から続く政治家の家系であった
のも影響していたのであろうが、とにかく彼は正義感と使命感の権化のような
人格の持ち主であった。

そのため、政界に入ってからもとにかくクリーンな政治を貫き通し、
「変わり者」といわれる程の徹底ぶりは有名であった。「憲法9条改正案」に
したところで、日本が独自の軍隊を持ち、アメリカからの真の意味での
独立を果たすための布石であった。


それが・・・・。


大泉首相を乗せた車は靖国通りの厚生年金会館を通り過ぎた。
もうすぐアルタ前であったが大泉首相はかつてない程に苦しんで
いた。煩悶のあまり、頭にかぶったナチスの制帽は振るえ、ピチピチの
ボンデージファッションは軋みをあげていた。


そして、ついにアルタ前。


大泉首相は最後に深く息を吸い込むと、バイアグラをレッドブルで
飲み込み、車のドアを開いた・・・。


翌日の新聞の一面はもちろん「首相、白昼のご乱心」
「笑っていいとも、笑が凍りつく」「首相、世紀の大カミングアウト」
彼はみごとに「任務」を果たしたのだった。


一方、アメリカ合衆国の中枢で・・・。


「4月1日にわざわざ誘拐したのになー・・・。日本人って
やっぱ、ユーモアに欠けるよね。まあ、憲法改正とかふざけたこと
言ってたから、ちょうどよかったか」


そう言うと、合衆国大統領、ジョンジー・バッシュは好物のチュロスを
ほおばったのだった。
スポンサーサイト

テーマ : 掌編
ジャンル : 小説・文学

おら、ピンチなんだ・・・
みんな、おらにポイントをわけてくれ!!! アヒルちゃんのバナーをクリックすると このブログのランキングがあがるんだ!! ナッパッ避けろおおおお!!!

FC2Blog Ranking

プロフィール

team gravy

Author:team gravy
イラストレーター・kuroichiと作家・umibonzeのコラボブログです。


イラストお仕事お受けしております。
お見積もり無料です。
ご依頼は、gravy.961@gmail.com




只今、共同小説交換物語『tamagon』連載中





※無断転載無断画像使用禁止

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
U2 (1)
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。